単行本

小説・戯曲・評論・エッセイ集・対談集

私の少女マンガ講義

私の少女マンガ講義

出版社新潮社
初版発行2018.3.30
ISBN978-4-10-399602-6
装幀新潮社装幀室
装画萩尾望都
「少年よ―萩尾望都イラスト詩集」より
※第I章は2009年にナポリ東洋大学、ボローニャ大学、ローマの日本大使館で行われた講演会をまとめたもの。第II章は1960年代から始まる少女マンガの変遷について、自らの創作作法についてインタビューしたもの。第III章は3.11以降の作品群、最新作「ポーの一族 春の夢」まで語った2017年初夏のインタビュー。

目次

少女マンガの岸辺で―まえがきにかえて(矢内裕子)
I章 イタリアでの少女マンガ講義録
『リボンの騎士』から『大奥』ヘ―少女の、少女による、少女のためのメディア
少女マンガの歴史
 マンガは幅広い年代に読まれている/一九五〇年代―『リボンの騎士』に託された思い/一九六〇年代―アメリカ文化への憧れ/一九七〇年代―社会現象を起こす少女マンガ/一九八〇年代―ニューウェーブの台頭/一九九〇年代―リアルな日常をオシャレな舞台に/二〇〇〇年代―少女マンガに流れるフェミニズム
自作についての解説
『半神』/『柳の木』/『ローマへの道』/『イグアナの娘』
質疑応答―イタリア人聴講者からの質問
イタリア人ジャーナリストによるインタビュー
II章 少女マンガの魅力を語る 読む・描く・生きる
少女マンガは生きている
 新しい雑誌と作家たち/少女マンガの可能性を広げた時代/尽きないエネルギー
私の創作作法
描くペース/創作の秘密その1―『柳の木』/創作の秘密その2―『残酷な神が支配する』『バルバラ異界』/物語のつくりかた/コマ割りについて―マンガの基本 松本大洋、オノ・ナツメ、清水玲子、横山光輝、手塚治虫、ちばてつや、石ノ森章太郎、水野英子/コマ割りは個性 深見じゅん、里中満智子、大和和紀、井上雄彦、羽海野チカ、わたなべまさこ、美内すずえ/モーツァルトのようなコマ割りを/男性は少女マンガのコマ割りを理解できない?/誰が誰なのかわかるように描く/小説作品について/若いマンガ家たちへ伝えたいこと
III章 自作を語る 『なのはな』から『春の夢』へ―3・11以降の作品たち
『なのはな』―鎮魂のありか
『プルート夫人』『雨の夜―ウラノス伯爵―』『サロメ20xx』―放射性物質三部作
『福島ドライヴ』―音楽から生まれる物語
『なのはな―幻想『銀河鉄道の夜』』―日常への回帰
『王妃マルゴ』―愛とエロスの王朝ライフ
『AWAY』―子供が作る未来を信じる
『春の夢』―ドアを開けたら、ずっと彼らはそこで生きていた
萩尾望都氏との初対面(ジョルジョ・アミトラーノ)
イタリアの秋―あとがきにかえて(矢内裕子)

一瞬と永遠と

マンガのあなた SFのわたし