単行本

小説・戯曲・エッセイ集・対談集

ピアリス

ピアリス

著者萩尾望都
出版社河出書房新社
刊行年月2017.7.30
頁数256p
定価1,566円
ISBN978-4-309-02595-7

目次

巻頭カラー7ページ
Iユーロ シモン修道院初出「The Sneaker Special」1994年春号
IIピアリス 「9×7」初出「The Sneaker Special」1994年夏号
IIIユーロ カルカーシュの予言者初出「The Sneaker Special」1994年秋号
IVピアリス 青いリンゴの木初出「The Sneaker Special」1995年冬号
巻末特別企画 萩尾望都インタビュー
1994年に『The Sneaker Special』に「SF作家・木下司」掲の名前で執筆・発表された幻のSF小説がようやく単行本になりました。

巻末に「SF作家の木下さん、実は私でした」というインタビューが掲載されています。初単行本化にあたり、初めて公に「木下司」という作家が自分であることを認められました。扉カラー見開き2ページと挿絵多数が収録されていたので、長い間、本目録でも「単発のイラスト」のお仕事に収録していましたが、これを機会に「小説」の方にも収録します。

木下司というペンネームを使った理由は巻末のインタビューに書かれています。私はこの作品は絵の方で知って、ずっと以前から雑誌を手に入れていました。カラーが2ページと多数の挿絵があって、単行本にならないのが不思議でなりませんでした。萩尾先生の作品と思わなかったので、作品の方は読んでいませんでした。読んだら萩尾先生とわかったのか?というと自信がありません。そんなことをする理由が思いつきませんから。

惑星間戦争に巻き込まれ、難民として生きる少年と少女、ユーロとピアリス。二人は神官の家にうまれたふたごでした。ユーロは未来を、ピアリスは過去を視ることができます。ユーロの能力は「予言」のため、そこに気づいた最初の人間は良い人だったのですが、その後、利用しようとする者たちに見つかってしまいます。

萩尾先生らしく設定の難しいSF小説ですが、ライトノベルという範囲に入るのか、少女であるピアリスの気持ちの変化がとても繊細に描かれていて、そこがなんだか私はとても良かったのです。

共に難民という過酷な環境にいるユーロとピアリスですが、二人とも自分を救ってくれる大人には出会っています。それでもずっとはその庇護の元にはいられません。ユーロの方が「静」、ピアリスの方が「動」。それぞれに戦い、運命に立ち向かいます。

果たして二人は出会えるのでしょうか?なんと、この作品、未完なのです。続きが読みたいです。

美しの神の伝え

戯曲 半神