単行本

特集

少女マンガの宇宙 SF&ファンタジー1970-80年代

少女マンガの宇宙

編集図書の家〔編〕,石堂藍〔協力〕
出版社立東舎
初版発行2017.4.20
定価1800円+税
ISBN978-4-8456-3030-1

目次

〔表紙〕(萩尾望都『週刊少女コミック』夏の増刊フラワーコミック 1973年9月1日号)
はじめに(「6月の声」より)p2~3
目次(「精霊狩り」より)p4~5
I 萩尾望都「ユニコーンの夢」p6~37
II SF&ファンタジー少女マンガ 作家セレクション(岸田志野)p38~61
・青池保子p40~43
・木原敏江p44~47
・竹宮惠子p48~51
萩尾望都p52~57
・山岸凉子p58~59
・大島弓子p60~61
III SF&ファンタジー少女マンガ 雑誌と作家たち(図書の家)p62~97
 1950年代~60年代 月刊誌の時代p63~65
 『少女フレンド』p66~67
 『週刊マーガレット』p68~69
 『りぼん』『りぼんコミックス』p70~71
 『別冊マーガレット』p72~73
 『少女コミック』p74~75
 『花とゆめ』『ララ』p76~78
 [コラム]白泉社は少女マンガを牽引したか?(岸田志野)p79
 『プリンセス』系p80~81
 『りぼん』派生誌p82~84
 70年代末から80年代にかけての雑誌とその円熟p85~86
 [コラム]戦後世代の登場と「超人ロック」(想田四)p87
 [コラム] SFブームの中での女流マンガ家たち(想田四)p88
SF&ファンタジー少女マンガ635作品リストp89~93
[エッセイ] ファンタジーの水脈 ~ファンタジー、SFと少女マンガ(石堂藍)p94~97
■巻末カラー特別企画
ハヤカワ文庫FTカバーイラスト集(石堂藍)p98~136
・山岸凉子p98~99
萩尾望都「ドラゴンになった青年」  「妖精の王国」  「魔法使いの弟子」  「闇の公子」  「死の王」  「惑乱の公子」  「熱夢の女王 上」  「熱夢の女王 下」p100~105
・内田善美p106~107
・中山星香p108~113
・めるへんめーかーp114~117
・岡野玲子p118~119
・おおやちきp120~124
・山田ミネコp125
・まつざきあけみp126~127
・ちばひさしp128
・坂田靖子p129
・竹宮惠子p130
・伊東愛子p131
・森川久美p132
・吉野朔実p133
・あしべゆうほp134~135
・紫堂恭子p136
[インタビュー]ハヤカワ文庫 元編集者・風間賢二p137~139
[コラム]翻訳家・脇明子p140
[コラム]翻訳家・井辻朱美p141
サンリオSF文庫のカバーイラスト―竹宮惠子(卯月もよ)p142~143
ハヤカワ文庫SFのカバーイラスト(石堂藍・卯月もよ)p144~151
萩尾望都「薔薇の荘園」  「光の王」  「ロカノンの世界」  「復讐の序章」  「殺戮機械」  「愛の宮殿」  「闇に待つ顔」 「夢幻の書」p144~147
・岡野玲子p148
・おおやちき・まつざきあけみp149
・川原由美子p150~151
ハヤカワ文庫JAのカバーイラスト(卯月もよ)p152~156
・山田ミネコp152
萩尾望都「S-Fマガジン版派遣軍還る」  「銹た銀河」  「花狩人」  「兇天使 上」  「兇天使 下」  「銀河赤道祭 上」  「銀河赤道祭 下」p153~155
・野阿梓 めるへんめーかー・萩尾望都「武装音楽祭」  「五月ゲーム」p156
[特別寄稿]作家・野阿梓p157
[ミニ特集]ハヤカワコミック文庫についてp158
〔裏表紙〕「妖精の王国」萩尾望都・画

文藝別冊 総特集・萩尾望都

フラワーデラックス ポーの一族