萩尾望都作品目録 掲示板


[トップに戻る] [留意事項] [ワード検索] [過去ログ] [管理用]
おなまえ
Eメール
タイトル
メッセージ
参照先
削除キー (英数字で8文字以内)   クッキー情報保存
画像認証 (右画像の数字を入力) 投稿キー
Page: | 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 |

[3487] Re:[3486] 朝日賞受賞おめでとうございます 投稿者:icram 投稿日:2017/02/23(Thu) 02:41   [返信]
> 管理人様
>
> 朝日賞の受賞式の模様をアップしてくださり、有難うございました。
> 先生のお着物といい、端然としたお姿といい、本当に美しいです。
>
> 『ポーの一族』の再開、王妃マルゴの5巻の発売など嬉しい日が続きます。
> まだまだお寒いので管理人様、皆様、どうぞご自愛ください。
>
>

情報ありがとうございます。

http://icramkaeduck1987.wixsite.com/mfashionlady


[3486] 朝日賞受賞おめでとうございます 投稿者:Jasmin 投稿日:2017/02/03(Fri) 08:19   [返信]
管理人様

朝日賞の受賞式の模様をアップしてくださり、有難うございました。
先生のお着物といい、端然としたお姿といい、本当に美しいです。

『ポーの一族』の再開、王妃マルゴの5巻の発売など嬉しい日が続きます。
まだまだお寒いので管理人様、皆様、どうぞご自愛ください。


[3485] あけましておめでとうございます 投稿者:Ivan 投稿日:2017/01/01(Sun) 23:43   [返信]
 今年もよろしくお願いします。

 萩尾先生また受賞ですか!マンガ家では手塚先生と水木先生しかもらえてない賞を頂けるとは、社会に認められてありがたいことです。

[3484] 情報提供 投稿者:Ivan 投稿日:2016/12/16(Fri) 18:43   [返信]
 王妃マルゴ単行本5巻、2017/01/25発売。掲載誌の情報で、ネットにはあまり出回ってません。皆さん既に存じてるなら失礼しました。

[3483] 聖の青春 投稿者:けいくんのお姉さん 投稿日:2016/11/23(Wed) 18:00   [返信]
皆様。こんにちわ。
タイトルの映画を封切り後、結構すぐ観に行きました。
理由は、マツケンが出ているのと、東出昌大さんが羽生さんを演じているから。ホームページも見ず、極力先入観を持たないで映画を観たいほうなんですが、劇中主人公が古本屋で買う漫画本が「マージナル」・・・それも(多分)FC。
それが2冊とその下にあった少し大判の赤い本はもしや赤版では?タイトルは見えませんでしたが、「ほー・・・」が感想で、映画館でひとりそのときはにやにやしてました。
よーあったなあ・・・というのが、またまた感想でしたが、クレジットロールでまたまた驚愕の事実が!
小道具協力・・・・萩尾望都
そうなんですね!

たしかこの映画の原作の漫画化がスピリッツかスペリオールに載ってたなあ・・・という遠い記憶があったんですが、こんなところにもつながりがあったんですね。

たぶん同じ映画館にいたひとで、このつぼに嵌まった人はあんまりいなかったのでは?(想像ですが)

もとさまとは離れますが、映画の感想は・・・羽生さんを演じる東出くんを観れてシアワセ。(すみません、超シンプルにまとめました・・・他にもあるんですがね)


[3482] 「ネオ寄生獣」単行本読みました 投稿者:Ivan 投稿日:2016/07/26(Tue) 00:24   [返信]
 他の作家の皆さんが同人的愛情で(それは肯定しますが)描いてるのに対し、萩尾先生は「プロ」として作品を描いたと思います。
 特に新一と平間警部補と由井教授をメインストーリーに絡めたのは流石の手腕。新一が由良に母の最期を伝えたのはいいシーンでした(由良が彼女を抱いた新一の手を覚えてたのがまたいい)。
 他のマンガ家の作品では、大田先生のがよかった。人としての愛を知った寄生生物はことのほか多いのかも知れないと思わされた。

[3481] 女子美術大学での講演 投稿者:Jasmin 投稿日:2016/07/22(Fri) 17:32   [返信]
管理人さま、萩尾先生のご講演の模様をアップしてくださり、
本当に有難うございます。

『トーマの心臓』について、先生のお好きなキャラクターについて
など興味深いお話ばかりで、実に嬉しく読ませていただきました。
どの質問にも誠実にお答えになるその姿勢に萩尾先生のお人柄が伺えますね。

連載が再開された『王妃マルゴ』も好調で萩尾ファンにとっては
嬉しい日が続きますね。『ポーの一族』の続きも待たれます!

[3480] 天声人語 投稿者:Jasmin 投稿日:2016/07/01(Fri) 08:31   [返信]
皆様、『ポーの一族』の新作はもうお読みになりましたか。
社会性の濃い内容でしたが、絵柄の美しさもストーリーの流れるような展開も
萩尾先生らしくて嬉しかったです。

今朝の朝日新聞の「天声人語」は『ポーの一族』の新作を取り上げています。
ちょっとした社会的事件ですね。

続きが発表されるのは少し後になりそうですが、これだけ人気が高いのですから
できればシリーズ化していただきたいです。不定期連載でも良いので。

[3479] フラワーズ読みました 投稿者:Ivan 投稿日:2016/06/23(Thu) 18:30   [返信]
 大変興味深い内容でした。萩尾先生が○○○人(ネタバレなので伏せ字にしました。読んだ方ならわかるのでは)の話を描くのは初めてでしたっけ?記憶にないです。
 アランがかわいかったのは嬉しかった(笑)。アランって「かわいい系男子」の元祖じゃないすか?w

[3478] 週刊文春インタビュうー 投稿者:黒田しづ子 投稿日:2016/06/17(Fri) 05:54   [返信]
昨日の続報です。

夢枕獏さんから20年来のオファーがあったこと、
先生のスタッフさんから「これ誰?、顔が違う」と言われたこと、
タイトルを「春の夢」とした経緯、
エドガーとアランが先生の本音を代弁するキャラクターであること、

等々語られています。ファンとしてはうれしい限りです。
萩尾先生、インタビュー受けて下さって有難うございました。

Page: | 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 |
記事No 削除キー

- LightBoard -