萩尾望都作品目録 掲示板


[トップに戻る] [留意事項] [ワード検索] [過去ログ] [管理用]
おなまえ
Eメール
タイトル
メッセージ
参照先
削除キー (英数字で8文字以内)   クッキー情報保存
画像認証 (右画像の数字を入力) 投稿キー
Page: | 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 |

[3418] オスカー・ライザーが好きすぎて 投稿者:おり 投稿日:2012/03/16(Fri) 19:07   [返信]
萩尾望都さんの「花嫁をひろった男」という話が読みたいのですが、小学館文庫の新編集版で収録されているのでしょうか?
もし、されているのであればその本の題名を教えてください!
あと、精霊狩りシリーズはもう売っていないのでしょうか?

[3416] ■イベントの情報です 投稿者:jyouhou 投稿日:2012/03/12(Mon) 23:55   [返信]
萩尾望都による初の対談集「マンガのあなた SFのわたし」の発売を記念して、4月7日に表参道・CAYにて、萩尾と水野英子のトークショーが開催される。

イベントに参加するためのチケットは、明日3月11日よりCAY店頭にて先行販売される。また3月21日よりCAYにて電話予約の受付を開始。完売した場合、当日券は販売されないので、早めの購入をおすすめする。なお来場者全員に非売品ポスターをプレゼント。詳細は記事末のリンクにて確認してほしい。

萩尾望都「マンガのあなた SFのわたし」出版記念トークショー

日時:2012年4月7日(土)開場11:30/開演13:00
会場:CAY (スパイラルB1F)
住所:東京都港区南青山5-6-23
料金:前売2300円/当日3000円(ともにドリンク別)
出演:萩尾望都、水野英子
電話番号:03-3498-5790(平日11:30〜20:00)【CAY】

http://www.spiral.co.jp/e_schedule/2012/04/event-sf.html


[3415] 新聞リレー 投稿者:yagijyuku 投稿日:2012/03/04(Sun) 00:45   [返信]
2012年1月30日の東京新聞朝刊に記載された記事が

・2/8(水)中日新聞朝刊 
p18 少女漫画 原発に迫る 萩尾望都さん

・2/23(木)河北新報
p21 少女漫画 原発を問う 萩尾望都さん4作品次々発表

*文面の内容は同じですが、レイアウトが微妙に違っています。


●「シャンソンのすべて」CD 日本コロンビア(株)
全20曲 ¥2100  2012.3.21頃発売
イラストレーション:萩尾望都 3枚使用
ぴあ・オペラワンダーランドの表紙
http://www.hagiomoto.net/works/cover/pia_opera.html
チェロを弾くイアン
他1点

「愛の賛歌」越路吹雪・「薔薇色の人生」美空ひばり・「かもめ」石井好子・淡谷のり子・布施明・ほか 

[3414] ラジオドラマ「ポーの一族」 1980年 NHK-FM 投稿者:chisyakun 投稿日:2012/03/03(Sat) 21:37   [返信]
連投すみません。
もう、お気付きでしたでしょうか?

You Tubeにラジオドラマ「ポーの一族」1980年 NHK-FMがUPされていました。


ポーの一族_1 〜 6 としてmayora751 さんがアップロードされています。
http://www.youtube.com/watch?v=WEiA6x3m0dc

>NHK-FMで1980年1月1日 - 1月6日に放送。
>脚本 - 高田順 演出 - 大谷時夫 効果 - 岩井正・原口正一 出演 男性役 - 安奈淳 エドガー・女性役 - 遥くらら

[3413] Re:[3412] 「ポーの一族」と「嵐が丘」 投稿者:chisyakun 投稿日:2012/03/03(Sat) 15:21   [返信]
さすが、年代でピシッとお答え頂き、こちらも納得です。
そう考えますと、それぞれのエピソードが時空を自由に行き来する「ポーの一族」ゆえ、
初めから、その時代背景や風俗等もしっかり考慮され、
お話を構築されていかれたのでしょうね。

でなければ、時空を旅するというか、永遠に生き続け出いく彼らの姿に、
説得力がありませんものね。

ホームズの帽子やら、ピカデリー広場…その時代にさりげなくとけ込んでいる、
エドガーやアランは、タイムスリップして来たのではなく、生き続けて来た…。
そのけなげさと、それでいて一瞬にして消えてしまう儚さをそこに思いました。

で「嵐が丘」ですが内容的には、確かに人を狂わせてしまう程の愛と憎しみ、、、
「ポーの一族」は、重厚ではあるのですが、
萩尾先生のペンから生まれる線は、軽やかでしなやかで、
永遠を生き続けなくてなならない、彼らの苦悩…重苦しさを忘れさせてくれるようです。

早速のお返事ありがとうございました。

[3412] Re:[3411] 「ポーの一族」と「嵐が丘」 投稿者:管理人 投稿日:2012/03/02(Fri) 23:03   [返信]
chisyakunさん。ありがとうございます。
おっしゃって頂かなかったら、わからなかった…。スパム対策用のアドレスの登録方法がアバウト過ぎていたんですね。申し訳ありません。助かりました。

「嵐が丘」(1801年〜約50年間?)と「エヴァンズの遺書(1820年)は時代が近いので、ファッションや建築、風景描写は明らかに似ていますね。言われてみれば、確かにそうです。
「嵐が丘」はゴシック・ホラーの雰囲気ありますし、「ポーの一族」は当然そうですし。キャサリンは幽霊でしたし、吸血鬼とは近いですよね。なるほど。納得しました。


物語としては兄妹と兄妹のように育った階級の違う二人とでは違うかなとか、情念や因縁の行き着く先のようなお話とは共通点はないのかなと思ったりもしましたが。


場面の雰囲気はおっしゃる通り似ていますね。

[3411] 「ポーの一族」と「嵐が丘」 投稿者:chisyakun 投稿日:2012/03/02(Fri) 22:20   [返信]
管理人さま、初めまして。
(厳密に言うと、ツイッターではお答えいただきましたが…)
といいますか、ebtgのサイトは昔からファンでした!
では今一度、書き込んで送信してみます。

私は「ポーの一族」の「エヴァンズの遺書」を読みますと、
E.ブロンテ「嵐が丘」が想起されます。

特に、いつになく生き生きと積極的に動くメリーベルが、
キャサリンと重なって見えます。
(嵐が丘の主人公ヒースクリフの敵役が、
 エドガーという名前なのはちょっと、皮肉なのですが)

エドガーが記憶を取り戻したことを知ったメリーベルが、
「もう待つこともないわ わたしつれていけるわ!」と、
風と共に窓から消えて行く場面。

危うくピストルで撃たれそうになりながらも、落雷により助かるエドガー、
そこへメリーベルが亡霊のように現れ、二人で消えていく場面、、、等が、
「嵐が丘」のお屋敷の雰囲気や、さまよう魂のようなものと重なります。

ついでに書くと、ケイト・ブッシュの「嵐が丘」の狂気の響き、
「Heathcliff,it'me,Cathy come home〜♪」
とも重なったりして、、、

結構ネットで検索したのですが、「ポーの一族」「嵐が丘」では、
全然ヒットせず。このように感じるのは、私だけなのでしょうか…と思い、
投稿させていただきました。

[3410] Re:[3409] リニューアル 投稿者:管理人 投稿日:2011/12/02(Fri) 15:16   [返信]
> サイトリニューアルで、おしゃれな印象になりましたね。(#^.^#)

お、お、お、おしゃれ…(泣)

ありがとうございます。

[3409] リニューアル 投稿者: 投稿日:2011/12/02(Fri) 14:49   [返信]
サイトリニューアルで、おしゃれな印象になりましたね。(#^.^#)

またまた情報をありがとうございます。「ころころろ」です。
「しゃばけ」シリーズはずっと文庫で買っているので、これもその内に購入予定だったのですが、対談が載っていると知り、すぐに買って来ることにしました。(^^)/

[3408] 慶應大学 投稿者:yagijyuku 投稿日:2011/11/25(Fri) 03:09   [返信]
11/20(日)〜23(祝)
慶應大学三田キャンパスにて三田祭がありました。
SF研究会発行の会誌『HORIZM』35号に
昨年の第49回日本SF大会TOKON10の半公式アフターレポート
・夢枕獏先生特別寄稿「萩尾さんのワイン」
・萩尾望都先生インタビュー
・佐藤嗣麻子先生のTOKON10企画紹介
他盛りだくさん。
発行部数:500部(通常は100〜200部)
12月末のコミケでも購入可能かな?

★昨年、萩尾先生も講師を務めた慶應大学日吉キャンパスにて
12/2(金)18:15〜19:45
第4校舎 J24教室 人間教育講座
講師:美内すずえ「ありがとうの力」
一般申し込み不要参加可
http://www.st.keio.ac.jp/koza/

Page: | 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 |
記事No 削除キー

- LightBoard -