作品目録

花歌舞伎徒然草(はなのかぶきよもやまばなし)

花歌舞伎徒然草

プロレスや宝塚との共通点、新作歌舞伎の自由さ、役者の至高の芸……歌舞伎の多彩な魅力と謎に迫る夢枕獏のエッセイと、萩尾望都の美麗な歌舞伎絵による、夢の歌舞伎案内。特別対談も収録。

著者夢枕獏著、萩尾望都絵
出版社河出書房新社
発行年月2021.6.30
ISBN978-4-309-29143-7
内容第一部 花歌舞伎徒然草
花の速度をもつ人:p6~12
「盟三五大切」の謎:p13~19
「三國傳來玄象譚」の語:p20~27
釣りと九代目團十郎:p28~34
摩多羅神あれこれ:p35~41
歌舞伎評:p42~48
桜の森の満開の下:p49~55
型の話:p56~63
圓朝と歌舞伎:p64~70
「楊貴妃」という魔法:p71~77
空海と晴明と十代目幸四郎さん:p78~83
平賀源内おもしろ草子:p84~90
歌舞伎と宝塚 そして『ポーの一族』:p91~97
色悪というファンタジイ:p98~ 104
コクーン歌舞伎よ どこまでゆくか:p105~109
カラーイラスト「バラの門の番人 別バージョン?」:p111
第二部 特別対談 夢枕獏×萩尾望都:p113~125

挿画も2ページ
各章につき1枚の挿絵が入っている。p111は描き下ろし

武士とジェントルマン

恋のテキスト・ブック