薔薇の荘園:トマス・バーネット・スワン(萩尾望都 カバーイラスト):萩尾望都作品目録

作品目録

薔薇の荘園

薔薇の荘園

伝説の幻獣グリフォンや食人鬼マンドレイクが徘徊する十三世紀初頭、少年十字軍に憧れる二人の少年は、天使とも見まごう少女に廃墟で出会った。その邂逅が若者たちを冒険の旅へと誘ったのだが……「薔薇の荘園」。伝説上のローマ建設者ロムルス、レムス兄弟の悲しき運命を牧羊神が詩情溢れる口調で語る「火の鳥はどこに」、紀元前五世紀のペルシアを舞台に、王后にほのかな恋心をよせる小人の意外な運命を描いた「ヴァシチ」など、幻想の詩人トマス・バーネット・スワンが、歴史と神話、現実と夢想のはざまを彷徨し、青春の愛と友情を見事に謳いあげた珠玉の中篇集。

著者トマス・バーネット・スワン
訳者風見潤
出版社早川書房
発行年月1977.11.15
叢書名ハヤカワ文庫SF267
ISBN4-15-010267-8
原題The Manor of rodes and other stories : Thomas Bunett Swann

※「少年/少女SFマンガ競作大全集 PART 7」に収録。

夜が明けたら

ドラゴンになった青年