作品目録

ガリレオの宇宙

 

初出誌
前編:Apple Store 2020.8.7
後編:Apple Store 2020.8.7
登場人物
ガリレオ
あらすじ
1581年、ピサ大学の学生だった16歳のガリレオは振り子の等時性を発見した。その後ピサ大学やパドヴァ大学の教授となり、運動に関する本を多く出した。1633年、70歳のときローマ教皇庁検邪聖省に呼び出され審査官の審問を受けるが‥。
コメント
Apple Storeで萩尾望都先生初の完全デジタル制作作品が発表されました。ガリレオの生涯を描いたカラー作品です。iPadとApple Pensil。色塗はAdobe Fresco、仕上げにAdobe Photoshop。すべてiPad上で動くアプリです。Appleの企画で無料公開となっています。
美しい水彩の全編カラー。縦スクロールを意識したコマ割、デジタル処理のメリットをきちんととらえ、描線は引き続きアナログで。でもスキャンなどの手間はない。腱鞘炎で長年苦しんでおられる萩尾先生には軽く描けるApple Penciliは「長く描き続けるため」以前から使っていたものです。でも、それで完全制作したのは初めてとのこと。新しいことの果敢に挑戦される巨匠に死角はないですね。
イタリアまでインタビューに連れ出して、その上、当然制作のためのアプリの使用方法など助言もされたであろうAppleに感謝します。それにしても1月にイタリアとは。コロナ禍考えるとギリギリのタイミングでしたね。何にせよ萩尾先生は「もっている」気がします。
Webマンガはいずれ消えてしまいます。単行本のどこかに収録されるようにも思えません。縦スクロールですしね。企画が終わったらApple Booksなどで有料でもいいので販売して欲しいです。
以下はこの作品をつくるにあたってのインタビューです。
萩尾望都の新しい筆:App Store ストーリー
マンガの開拓者を 照らす想像力の光:App Store ストーリー

2020.8.7

ガリレオの宇宙

ガリレオの宇宙
Apple Store 2020.8.7

秘密の花園