受賞

萩尾望都先生が2016年度の朝日賞を受賞されることが発表されました。

朝日賞 正賞ブロンズ像2017年1月1日、萩尾望都先生が2016年度の朝日賞を受賞されることが発表されました。受賞理由は「漫画表現の革新と長年にわたる創作活動」です。萩尾先生、並びに長年萩尾先生を支えられたスタッフの皆さま、おめでとうございます。

朝日賞、3氏1団体(朝日新聞1面)
朝日賞のみなさん(30面)

朝日賞は朝日新聞社が主催する賞で、学術、芸術などの分野で傑出した業績をあげ、わが国の文化、社会の発展、向上に多大の貢献をされた個人または団体に贈られるものです。昭和4年に制定されて以来、昭和20年の一度だけ中止されましたが、ずっと続いている賞です。年に4~5人選出され、正賞のブロンズ像と副賞500万円が贈られます。

漫画家としては1987年の手塚治虫先生、2008年の水木しげる先生に続き、3人目です。文化人、芸術家に授与される民間の賞としては、日本では最大級のものです。

朝日賞(朝日新聞社)

例年1月1日に発表され、1月末頃に帝国ホテルで贈呈式と祝賀パーティーが開かれます。今年は1月30日です。萩尾先生はお着物でおいでになるのでしょうか?楽しみです。

2017.01.01 5:01 | 受賞

「トーマの心臓」仏語版がバンド・デシネ批評家ジャーナリスト協会アジア作品賞ノミネート

ACBD ロゴフランスのACBD (Assosiation des critiques et journalistes de bande dessiné) バンド・デシネ批評家ジャーナリスト協会の主催するPrix Asie-ACBD(アジア作品賞)の候補に萩尾望都先生の「トーマの心臓」(Le Cœur de Thomas)がノミネートされていましたが、2013年7月10日に発表され、受賞したのは今敏さんの「オーパス」でした。
Prix Asie-ACBD(アジア作品賞)の過去の受賞作一覧。

2007年度「Gen d'Hiroshima」(原題「はだしのゲン」)中沢啓治
2008年度「Visiteur du Sud」Oh Yeong Jin(韓国)
2009年度「Undercurrent」(原題「アンダーカレント」)豊田徹也
2010年度「PLUTO」(原題「プルゥートゥ」)浦沢直樹
2011年度「ELMER」 Gerry Alanguilan (フィリピン)
「エルマー」ジェリー・アランギラン著、翻訳試し読み
2012年度「Une vie dans les marges」(原題「劇画漂流」)辰巳ヨシヒロ
2013年度「OPUS」(原題「オーパス」)今敏

なかなか公式サイトにあがらないので、一般の記事にリンクを貼ります。
« Opus » de Satoshi Kon, Prix Asie de la Critique ACBD 2013
他の候補は弐瓶勉「シドニアの騎士」、古屋兎丸「パレポリ」、福谷たかし「独身アパートどくだみ荘」でした。

2013.07.23 11:30 | 翻訳, 受賞

ジェンダーSF研究会 Sense Of Gender賞 生涯功労賞を受賞されました。

なのはな

2013年7月21日、第52回日本SF大会(こみこん)にて、ジェンダーSF研究会の主催する「Sense of Gender賞」の授賞式が広島市アステールプラザにて開催されました。第12回目を迎える2012年度の Sense of Gender賞はこれまでの「大賞」のほか今年度より「生涯功労賞」が新設され、この賞を萩尾望都先生が受賞されました。受賞理由は「萩尾望都『なのはな』及び全ての作品を讃えて」というものです。

「Sense of Gender賞」は、前年度1年間に刊行されたSF作品の中で、性差についての考えを深めていると考えられる作品を称えるもの。候補として審査にあがっていた萩尾望都先生の「なのはな」はジェンダーを考えさせるすばらしい作品であると評価されました。ところが、発表当時この賞がなかったため受賞することが出来なかった「マージナル」や「X+Y」シリーズなどさまざまな作品も選出できるであろうということで、萩尾先生のすべての年代での作品を讃えるために"遡及賞"として新設されたそうです。

賞の設立の経緯や趣旨については、SFジェンダー研究会 2012年度 第12回Sense of Gender賞 のページの中ほどに詳細に記載されています。(2013年7月22日現在、講評は未掲載ですが、8月初旬には載るそうです)。


そして、この受賞を受けて萩尾先生の受賞の言葉がこちらに掲載されています。
受賞の言葉

この文章が素晴らしいです。マンガを描き始めてすぐ自分は恋愛ものがうまく描けないことに気付き、女であることが自分を縛っていると気付き。男になりたい、女は不自由と考えたこともあったが、今は女でよかったと思う。不自由であるということは、脳を活性化する、と。

とにかく読んで下さい。

萩尾先生、受賞おめでとうございます。これからもたくさんの実験を続けて下さい。

【追記 2013年8月19日】選考委員の方の講評が掲載されました。「なのはな」の作品論としてもたいへん参考になる講評です。
2012年度 第12回Sense of Gender賞

ひかわ玲子(ファンタジー作家)、原田和恵(ワシントン大学・日本文学専攻(SF))、三五千波(漫画家)、灰原由宇(ジェンダーSF研究会会員)

2013.07.22 22:44 | 受賞

『flowers』10月号に「紫綬褒章お祝いの会潜入ミニレポート」が掲載。

flowers 2012年10月号2012年8月28日発売の『flowers』2012年10月号に「レオくんの萩尾望都先生紫綬褒章お祝いの会潜入ミニレポ」が掲載されています。7月30日に都内で開かれた紫綬褒章のお祝いの会の様子が掲載されています。波津彬子先生、小玉ユキ先生、明石路代先生、さいとうちほ先生、篠原千絵先生、西炯子先生、水城せとな先生、ヒガアロハ先生、名香智子先生、諏訪緑先生、清原なつの先生ら漫画家の先生方や編集者の方がたくさんかけつけられたそうです。

萩尾望都先生「紫綬褒章受章お祝いの会」開かれる!!

また9月28日頃発売の11月号に「ジャパン・エキスポ イン パリ」というエッセイコミックが掲載される予定です。

ヨーロッパ最大のまんがイベントで、萩尾先生が自らネコのレオくんの同人誌を販売。その顛末をまんがでレポート。プレゼントも!

このプレゼントは何でしょうね。販売されたグッズの中からピックアップされるのでしょうか。ジャパンエキスポのグッズ一覧

flowers次号予告

2012.08.28 1:41 | 雑誌掲載情報, 受賞

『flowers』8月号に「あわてふため記 紫綬褒章」掲載

flowers 2012年8月号予告2012年6月28日発売の『flowers』8月号にショートエッセイとして「あわてふため記 紫綬褒章」が掲載されます。緊急描き下ろしで、紫綬褒章を受章された萩尾先生のめくるめく日々を描いたもの...だそうです。

1975年に小学館漫画賞を受賞されたときも「1975年度小学館漫画賞の知らせを受けて・・・」というコミックエッセイを描かれたことを思い出しました。文章だけではなくて、絵がついているものと予想しています。

2012.05.28 16:05 | コミックエッセイ, 受賞

> 受賞の記事一覧