萩尾望都先生原作「なのはな」が劇団スタジオライフで舞台化されます。

なのはな2019年2月27日から劇団スタジオライフが萩尾望都先生原作の「なのはな」を上演します。「なのはな」は2011年8月に『月刊flowers』誌上で発表された作品。萩尾先生がこれだけストレートに現実世界の事柄を取り上げたのは希だったことや、東日本大震災から発表までが非常に早かったことでたいへん話題になりました。東日本大震災によって引き起こされた福島第一原子力発電所事故を題材に、津波で祖母を亡くした福島県の少女の姿が描かれていいます。

この舞台にゲスト出演される福島出身の作曲家・明石隼汰さんは作品に登場するキャラクター・石川音寿のモデルです。ごの方の「ALALAソング」が作中に織り込まれてます。

東京公演:2月27日(水)~3月10日(日)東京芸術劇場シアターウエスト 大阪公演:4月12日(金)~4月13日(土)ABCホール

Studio Life公演「なのはな」
萩尾望都「なのはな」を劇団スタジオライフが舞台化、震災後の福島を描いた短編(コミックナタリー)

2018.10.22 0:14 | イベント

『月刊YOU』休刊。「王妃マルゴ」の連載は『ココハナ』へ引き継がれます!

YOU 2018年11月号2018年10月15日、集英社『月刊YOU』11月号が発売されました。そしてこれが最終号になります。「王妃マルゴ」は『ココハナ』に連載が引き継がれます。11月28日発売の『ココハナ』1月号から連載が再開されます。
『月刊YOU』掲載作品の今後

「王妃マルゴ」は5話で単行本1冊分となります。11月号で3話目ですので
11月28日『ココハナ』1月号「王妃マルゴ」第33章(第7巻4話目)
12月28日『ココハナ』2月号「王妃マルゴ」第34章(第7巻5話目)
1月28日『フラワーズ』3月号以降、2019年の春に「ポーの一族」連載再開

というような流れになるかと思います。連載2誌が同じ発売日なのは先生も何かとスケジュールが立てやすいでしょう。

『月刊YOU』には感謝しています。萩尾先生の「コスチュームロマンを」という長年の希望を叶えてくれました。『フラワーズ』との連携をしながら先生のペースで連載を続けてくださり、私達に届けてくれました。「あぶな坂HOTEL」「王妃マルゴ」の連載、どうもありがとうございました。

「王妃マルゴ」

2018.10.15 0:06 | 雑誌掲載情報

「味いちもんめ 漫画家食紀行」3に萩尾望都先生

味いちもんめ2018年9月28日に発売された倉田よしみ著、あべ善太原案の「味いちもんめ 食べて・描く!漫画家食紀行 3」に萩尾望都先生の回が収録されています。
この連載は『ビッグコミックスペリオール』2018年7月27日号に掲載されたものです。
大御所漫画家の「食」にまつわる秘話を、倉田よしみさんの「味いちもんめ」に登場するキャラクターが取材しているという形式のインタビューです。漫画界の神々たちは何を食べ、いかにして漫画家となったのかが語られています。

萩尾先生が「メシスタント」という仕事をつくった最初の漫画家ではないかという話が出ていますが、そういう人がいないと、本当に何も食べない方だからなんですね。それはどうやら「仕事中」は今でも変わらないようです。

この巻には他に、高橋よしひろ、水野英子、細野不二彦、寺沢大介、植田まさし、真崎 守、高橋陽一、陸奥A子、かわぐちかいじ、倉田よしみ先生が収録されています。これで最終巻のようです。

倉田よしみ著、あべ善太原案「味いちもんめ 食べて・描く!漫画家食紀行 3」小学館 2018.10.3 ISBN978-4-09-860082-3

2018.09.28 23:41 | インタビュー・対談

『ビッグコミック』創刊50周年記念企画に萩尾先生がインタビューに登場

2018年9月10日発売の小学館『ビッグコミック』2018年9月25日号に萩尾望都先生のインタビューが掲載されています。同誌創刊50周年を記念したインタビューシリーズ「ビッグを語ろう」第18回です。「ゴルゴ13」の魅力と萩尾先生の目から見たビッグの50年を語っておられます。巻末カラー2ページです。
ビッグコミック公式サイト

『ビッグコミック』と言えば2013年の45周年の際には「福島ドライヴ」を寄せられました。このお召し物は高崎の対談で身につけていらしたものと同じものだと思います。萩尾先生が高橋留美子先生にアドバイスを求めるなんて、すごい豪華な組み合わせです。

また、この動画があがっています。3分ほどのものです。

動画:"少女マンガの神様"萩尾望都、「インスピレーションの源」語る 「ビッグコミック」50周年メッセージ

「ビッグを語ろう」ではなく「ビッグに聞く」の連載、まんたんwebにも掲載されていました。本誌のインタビュー内容と少しかぶりますが、全部ではありません。動画ともまた微妙にかぶったりもしますが同一ではありません。こちらが第16回なのは2回誰かネットを避けたのでしょうね。
ビッグに聞く:第16回 萩尾望都 "少女マンガの神様"のインスピレーションの源は?

また、『ビッグコミック』誌のキャラクター「なまずくん」の着ぐるみが萩尾望都先生にインタビューする動画もあがっていました。

猫は不思議なもので、2匹以上いると数を数えるのが面倒になってきます」だからいつか萩尾家の猫が11匹になることも!? 

2018.09.10 23:34 | インタビュー・対談

萩尾望都SF原画展 宮城会場が決定しました

石ノ森萬画館萩尾望都SF原画展、次の会場が決定しました。宮城県石巻市にある、石ノ森萬画館です。期間は2018年10月27日(土)~2019年1月14日(月・祝)です。初めての東北での開催となります。

石ノ森萬画館は石ノ森章太郎先生と縁の深いマンガミュージアムです。石ノ森先生の生まれ故郷である宮城県登米市中田町には「石ノ森章太郎ふるさと記念館」という記念館があります。こちらと間違わないようにしてください。

会場:石ノ森萬画館(宮城県石巻市中瀬2-7)
会期:2018年10月27日(土)~2019年1月14日(月・祝)
時間:9:00~18:00(12月~2月は17:00閉館)
休館日:第3火曜日(12月~2月は毎週火曜日/12月25日、1月1日は開館)
入場料:大人800円/中高生500円/小学生200円/未就学児無料(※常設展観覧料含む)
問い合わせ先:石ノ森萬画館(〒986-8023 宮城県石巻市中瀬2-7 TEL 0225-96-5055)
主催:石ノ森萬画館

萩尾望都SF原画展 宮城会場詳細

2018.09.02 1:06 | イベント