イベント

萩尾先生が第3回マンガ郷いわて特別賞表彰式に出席されました

マンガ郷いわて特別賞表彰式2018年12月15日、萩尾望都先生が岩手県盛岡市のイオンモール盛岡で開かれた第3回マンガ郷いわて特別賞表彰式にご出席され、達増・岩手県知事との対談に臨まれました。
「マンガ郷いわて特別賞」は岩手県主催の賞で、岩手県の魅力発信や文化振興、復興等に貢献した人を表彰するものです。詳細はこちら。→萩尾先生が第3回マンガ郷いわて特別賞を受賞されました(2018.11.28)
※写真は岩手県在住のファンの方に送っていただきました。
受賞理由は以下の通りです。

ア 東日本大震災からの復興に思いを馳せた作品集「なのはな」を2011年に執筆。2012年にはこの作品集の一つとして宮沢賢治の銀河鉄道の夜をテーマとした「なのはな-幻想『銀河鉄道の夜』」を執筆しており、東日本大震災からの復興と岩手県の文化振興に多大なる貢献をされたこと。

イ 東日本大震災で津波の被害にあった東北沿岸の学校に、子供たちの大好きなアフリカ野生動物の写真つきカレンダーを寄贈し、笑顔と夢を持ち続けてほしいと滝沢市の民間企業((株)アイ企画)が始めた「被災地の子供たちに動物カレンダーを贈るプロジェクト」にスペシャルパートナーとして参加し、災害からの復興に御支援いただいたこと。

ウ 被災した陸前高田市立博物館(現在は休館中)のコレクションの中に漫画の雑誌があり、この中に同氏の代表作「ポーの一族」が掲載されていたことをきっかけに、その時代に生きた人々にとって、過去と未来をつなぐ重要な役割を果たした漫画の持つ魅力について、岩手県立博物館(盛岡市)において講演されたこと。

「第3回マンガ郷いわて特別賞」の表彰について(岩手県文化スポーツ部文化振興課)(PDF)

「なのはな」は福島だし岩手...?と思ってたのですが、「なのはな-幻想『銀河鉄道の夜』」は岩手ですね。あの動物カレンダーも入ってるのですね。今年4月の岩手県立博物館の講演会は何か布石だなとは思っていました。

達増岩手県知事との対談の中で「復興支援と言ってもささやかなもので」と謙虚におっしゃる萩尾先生でした。


マンガで岩手魅力発信 特別賞に萩尾望都さん(テレビ岩手)

2018.12.16 23:05 | イベント

「ポーの一族」の原画が大英博物館のマンガ展に出品されます

月刊フラワーズ 2018年7月号2019年5月23日~8月26日、大英博物館は、日本以外では最大規模のマンガの展覧会を開催します。マンガの歴史をたどる展覧会になります。原画、本、ゲームなど130点を展示。50人のアーティストの作品が出品されます。2018年12月5日に記者発表があり、ピカチュウが登場した模様。

The British Museum Manga マンガ

この展覧会を解説した大英博物館の公式ブログでは「鳥獣戯画」から歴史を追って現代のマンガまでを紹介しているのですが、1970年代の少女マンガを代表して「ポーの一族」が登場します。

Manga: a brief history in 12 works

萩尾望都先生の「ポーの一族」も出品されます。ついに母国に帰る、エドガーとアラン...。出品される原画が何点か?などは続報を待ちます。

来年の夏、ロンドンへ旅行される予定の方、是非ご覧になってきてレポートお寄せ下さい。よろしくお願いします。

2018.12.06 0:11 | イベント

石ノ森萬画館へ萩尾望都SF原画展を見に行ってきました

石ノ森萬画館2018年11月24日(土)宮城県石巻市にある石ノ森萬画館に行ってきました。「萩尾望都SF原画展」は東北へと移動し、石ノ森萬画館で2018年10月27日(土)から開催されています。

石ノ森萬画館遠景石ノ森萬画館は生前、石ノ森章太郎先生ご自身がデザインを手がけた建物です。石巻市は中心地のいたるところ、石ノ森作品のキャラクターがいます。町をあげて石ノ森作品を応援しています。ところが2011年3月の東日本大震災で被災し、1階はすべて流されてしまったそうです。しばらくの間お休みしていましたが、2011年11月には再オープンしました。

石ノ森萬画館入口でロボコンやサイボーグ009がお出迎え。1階にはお土産物ショップがあり、萩尾先生と石ノ森先生のコラボグッズも販売していました。チケットを購入して入場し、ぐるっとスロープをあがります。ここにすでに石ノ森先生のバイオグラフィーが展開されています。

萩尾望都SF原画展2階にあがると、企画展と常設展のコーナーに分かれます。左が常設展で、石ノ森作品「サイボーグ009」「仮面ライダー」「キカイダー」「HOTEL」などのキャラクターなどが並びます。原画も展示されています。右が企画展で、ここに「萩尾望都SF原画展」が展開されているのです。

中は狭いですが、区切りが迷路のようになっており、黒い壁に原画が並んでいます。順路は迷路のわりに順番と方向が書いてありわかりやすくなっていました。原画は新潟以来の原画がすべて展示されています。コンパクトなので移動もしやすく、行ってもう一度観たくて戻るのも手軽でした。

ただ、スペースの都合上、複製原画は全部省略、タペストリーも4枚のみ、写真撮影コーナーも1点のみとなっています。2次資料の展示も少し少なめでした。

ルビーパフェ3階にあがると、カフェ「BLUE ZONE」で萩尾望都SF原画展のコラボメニュー、スタールビーパフェが食べられます。カウンター席からは窓の外に旧北上川が見えます。

同じ3Fのフロアに図書ライブラリーがあります。ここで以前から懸案だったことを相談してみました。「石ノ森章太郎萬画大全集」I期 全巻セット予約者特典に「石ノ森章太郎萬画大全集を語る」という冊子があり、ここで萩尾先生が石ノ森先生について語られています。もともとネットに動画であがっていたインタビューなので、おそらくそこから起こしたのでしょう。高額商品のため購入できず、国立国会図書館にも納本されておらず、ほか近隣図書館にもないので保留していた件でした。これをこの機会に見せていただけないかと思ったのです。調べていただいたところ、東日本大震災では「原画は上の階の方にあったので無事だったが、印刷物の資料はすべて地下にあったので、被災して流されてしまいました。」とのことでした。貴重な資料が失われたことは残念ですが、原画が無事だったことは喜ばしいことです。いつか石ノ森章太郎の熱烈ファンで購入者特典を持っている方に見せてもらえる日がくるといいなと思いました(→追補:この記事をアップしたらすぐに名乗り出てくださる方がいました)。

「萩尾望都SF原画展 東北会場」は2019年1月14日(月・祝)までとなります。この機会に石ノ森萬画館へ行ってみてください。
萩尾望都SF原画展 公式サイト(宮城会場)


田代島1石巻まで東京から日帰りは出来なくはないですが、少し厳しいなと思ったので一泊しました。翌日せっかくなので石巻港から猫の島で知られる「田代島」に行ってきました。本当に猫がたくさんいるのか?と疑問でしたが、行ってみると、本当に猫がたくさんいました。

田代島2みんな健康そうで毛づやもよく、皮膚に問題を抱えているような猫は一匹も見当たりませんでした。目やにが少し気になる猫もいましたが少数。定期的に医師の診察を受けているようです。えさはきちんと島の人が管理してあげているので、観光客はあげないのがルールです。猫たちは人慣れしているのでしょう。少し遠目から手を出すとちゃんと寄ってきてくれて、触らせてくれる猫もいました。

田代島にゃんこザプロジェクト 田代島便り

石巻港からは片道1時間ほどです。1日3往復の船となるので(網代島ライン。仁斗田港)、時間的な制約もありましたが、お天気よく海もきれいで、気持ちよく猫と過ごすことができました。石ノ森萬画館へ行かれる方は、時間があれば是非。

2018.11.26 0:12 | イベント

スタジオライフ「なのはな」の製作発表記者会見で萩尾先生が鼎談に登壇されました。

なのはな製作発表記者会見2019年2月~4月、劇団スタジオライフが萩尾望都先生の「なのはな」を舞台化します。2018年11月15日、その製作発表記者会見が開かれて、萩尾先生と脚本・演出の倉田淳さん、そして福島出身の作曲家・明石隼汰さんの「特別鼎談」が行われました。私も行ってきました。

萩尾先生は「なのはな」を描いた経緯を、倉田さんは、今「なのはな」を舞台化しようと決意したいきさつをお話になりました。明石隼汰さんは20年来の萩尾先生のご友人でパソコンの先生だそうです。「なのはな」に登場する石田音寿のモデルで、福島弁の監修もしました。物語で石田音寿が歌う「ALARAソング」の「アララ」とはALARA原則のアララ。「As Low As Reasonably Achivable」、つまり「合理的に達成可能な限り低く」を意味する略語で人体への被曝をできるだけ少なくするよう努力することを意味します。2011年5月当時東電の社長が住民に土下座をしたことを受けた歌詞になっています。

土下座なんかしなくていい
うちの冷蔵庫をかえしてほしい
うちのフタンをかえしてほしい
水をもとにもどしてほしい
うちの牛をもどしてほしい
畑のキャベツをもどしてほしい
村の小道をかえしてほしい。


この歌詞はもちろん萩尾先生の書かれたもので、「生活が失われるということはどういうことかと思って」とこの詞を書かれた理由をお話され、倉田さんも「切々と、心にしみる」とおっしゃっていました。

そして、詞だけだったものが今回のこの「なのはな」公演で明石さんが作曲して実際に歌われるとのこと。この会見場で明石さんがさわりだけ歌ってくれました。萩尾先生が「もし足りなければ歌詞を足しましょうか」とまでおっしゃっています。

また、音寿が村の祭りに帰ってきて歌を歌う、という設定も福島市の「わらじまつり」の曲「わらじ音頭」を2007年にリニューアルした「ダンシングそーだないと」を明石さんがつくって歌った、という経緯から思いついたそうです。明石さんは石田音寿役でこの舞台に客演されます。


記者発表

萩尾先生はこの「なのはな」を「自分のために「希望」が描きたかった」とおっしゃっていて、倉田さんも「忘れ去られてはいけない」と奮起してこの作品を舞台化しました。来年の2月スタートです。

Studio Life公演「なのはな」(原作:萩尾望都脚本・演出:倉田淳)
東京公演:2019年2月27日(水)~3月10日(日)東京芸術劇場シアターウエスト
大阪公演:2019年4月12日(金)~4月13日(土)ABCホール(※4月14日(日) OSKA SPECIAL EVENT有)

2018.11.15 23:31 | イベント

萩尾望都先生原作「なのはな」が劇団スタジオライフで舞台化されます。

なのはな2019年2月27日から劇団スタジオライフが萩尾望都先生原作の「なのはな」を上演します。「なのはな」は2011年8月に『月刊flowers』誌上で発表された作品。萩尾先生がこれだけストレートに現実世界の事柄を取り上げたのは希だったことや、東日本大震災から発表までが非常に早かったことでたいへん話題になりました。東日本大震災によって引き起こされた福島第一原子力発電所事故を題材に、津波で祖母を亡くした福島県の少女の姿が描かれていいます。

この舞台にゲスト出演される福島出身の作曲家・明石隼汰さんは作品に登場するキャラクター・石川音寿のモデルです。ごの方の「ALARAソング」が作中に織り込まれてます。

東京公演:2月27日(水)~3月10日(日)東京芸術劇場シアターウエスト 大阪公演:4月12日(金)~4月13日(土)ABCホール

Studio Life公演「なのはな」
萩尾望都「なのはな」を劇団スタジオライフが舞台化、震災後の福島を描いた短編(コミックナタリー)

2018.10.22 0:14 | イベント

> イベントの記事一覧