「一度きりの大泉の話」書評まとめ

一度きりの大泉の話「一度きりの大泉の話」の書評をまとめてみました。プロのライターさんによるもの、掲載が有料媒体かネットでも商用運営のものに絞っています。
本サイトは読者のために「この作品はこの本に入ってる」読書ガイドとして作成された書誌サイトですが、研究者のための参考文献のインデックスもしております。その中で「書評」を全部扱っていくことは数の問題で難しいこと、マンガは新聞書評などの対象でなかったこともあり、専門誌の記事で扱われた場合しか取り上げていません。そのため、収録するページがなく、この場にまとめておいて、随時追加していく予定です。


2021.5.8
山崎まどかの『一度きりの大泉の話』評:萩尾望都が竹宮惠子に向けていた眼差しとその痛み(Reala Sound)
文=山崎まどか
https://realsound.jp/book/2021/05/post-756027.html
※山崎まどかさんは海外文学好きにはとても親しみのあるライターさんです。全体としてはさすがだなぁと思うのですが「軽蔑」はちょっと言い過ぎかなと。お母様が『週刊マーガレット』の編集をされていたお話も興味深いです。

2021.5.10
「一度きりの大泉の話」を新聞記者が読んだら(小原篤のアニマゲ丼)(朝日新聞デジタル)
文=小原篤
https://www.asahi.com/articles/ASP5642NVP54UCVL01J.html
※朝日新聞社でマンガに強い小原さんのレビュー。「大泉本」の根底にずっと流れる「裏はとっている」という言説に注目されています。この頻繁に裏があることを提示する書き方は編集側の強い意向があるのでは?と私は想像しています。

2021.5.19 夕刊(4面)
萩尾望都の衝撃―ニッポンへの発言(毎日新聞)
文=中森明夫
https://mainichi.jp/articles/20210519/dde/014/070/008000c
※途中余計なコラムの話がなければいいのなぁと思いました。

2021.5.20
萩尾望都による、一度きりの"レクイエム" ――出会いと別れの大泉時代(ダ・ヴィンチ)
文=成田全
https://ddnavi.com/review/784191/a/
※「ポーの一族」の再開と「少年の名はジルベール」の刊行が同じ年だったことは関係ありません。『フラワーズ』の15周年記念で描き始めたのがきっかけだし、2014年の講演会で続編を考えているとの発言がありました。

2021.5.20 8:00
少女マンガ解説者・和久井香菜子が読む『一度きりの大泉の話』 萩尾望都と竹宮惠子、それぞれの意志と覚悟(Real Sound)
文=和久井香菜子
https://realsound.jp/book/2021/05/post-763146.html
※たくさんのいい着目点がある書評です。中でも「「二度と竹宮さんの作品は読まない」と決めて、それを実行するのはどれだけの意志が必要だったでしょうか。」という点に着目したのはいいなと思います。その通りです。ただ小学館のパーティなどは1000人規模なので、同じ会場にいてもすれ違う程度だったのではないかと。おそらく「顔を出さない」ということはなかったと思います。

2021.5.22 08:00
【本ナビ+1】学習院大教授 中条省平 少女マンガ史の必読文献『一度きりの大泉の話』(産経新聞)
文=中条省平
https://www.sankei.com/life/news/210522/lif2105220008-n1.html
※中条先生の書評はもっと読みたいです。残念ながら短いです。

2021.5.25 10:04
<2050年のメディア>第61回 萩尾望都と竹宮惠子 二人の自伝を読む。 その前編〈サンデー毎日〉
文=下山進
https://mainichi.jp/sunday/articles/20210524/org/00m/040/001000d
※グスタフの眼病を「妻から息子のオスカーが、自分の子ではないと言われたからだ」との断定は深読みしすぎでは?それは以前からうすうすわかっていたこと。妻を殺した方でというのならまだわかります。そもそも心因性とは描かれていません。
2021.6,1 後編
https://mainichi.jp/sunday/articles/20210531/org/00m/040/001000d


2021.5.26 20:00
漫画家・萩尾望都が初めて明かす、大泉での共同生活。美化される友情物語の真実とは――(本の雑誌ーBOOK STAND)
文=鷺ノ宮やよい
https://bookstand.webdoku.jp/news/2021/05/26/200000.html
※大島弓子先生→木原敏江先生については訂正が入っています。ろくに読んでないことが発覚。

2021.5.29 5:00
(書評)『一度きりの大泉の話』 萩尾望都〈著〉(朝日新聞)
文=トミヤマユキコ
https://www.asahi.com/articles/DA3S14920804.html
※今のところ(2021.5.30)一番いい書評だと思います。短い中に、本の意図をきちんと汲んで読者に伝えてくださっています。


2021.5.9
『一度きりの大泉の話』初めて明かすあの日の出来事(HONZ)
文=首藤 淳哉
https://honz.jp/articles/-/45987
※厳密に言うとプロの方ではないですが、サイトは商用のブックレビューサイトです。

2021.4.23
gonriさんのレビュー
https://booklog.jp/users/gonri/archives/1/4309029620
※読者のレビューを全部目を通しているわけではありませんが、とてもよかったです。アップされるのも早かったので読めました。

2021.5.6
「大泉サロンなど、なかった」ー『一度きりの大泉の話』萩尾望都ーから蘇る子どもの記憶は、きっとあなたにも繋がっている。マンガを愛する全ての人たちへ。
文=小野山理絵
https://note.com/rieonoyma6468/n/n89a8d731f50c
※このブログもすごく良かったのでイレギュラーですが載せてください。twitterのプロフィールに元マンガ評論家とあり、なるほどと思いました。


2021年6月からの追加
2021.6.3
少女マンガ界のトキワ荘 大泉サロンで起きたこと(Bookwormの読書万巻)
文=唐沢俊一
週刊新潮 2021年6月10日号
https://www.bookbang.jp/review/article/686925
※商業誌に掲載される書評のレベルではない凡庸な何が言いたいのかわからない書評でした。

2021.6.14
萩尾望都『一度きりの大泉の話』が書きたかったのは竹宮惠子のことではなく(論座)
文=青木るえか
https://webronza.asahi.com/culture/articles/2021061200002.html

2021.6.15
天才・萩尾望都の恐ろしさを思い知らされる『一度だけの大泉の話』(論座)
文=青木るえか
https://webronza.asahi.com/culture/articles/2021061200002.html
※迫力のある論評です。

2021.7.2
少女漫画界における若き才能同士の葛藤が綴られた自伝『一度きりの大泉の話』(萩尾望都 / 河出書房新社)三宅花帆の今月の一冊 365 book days
文=三宅花帆
https://www.365bookdays.jp/posts/5096

2021.7.7
文=柚木麻子
「一度きりの大泉の話」(VERYママ書店)
『VERY』2021年8月号

2021.7.14
漫画家・萩尾望都がいま告白する、自身の"人間関係失敗談"としてのある「地雷」とは? Pen Online)
文=一ノ瀬 伸
https://www.pen-online.jp/article/008380.html

2021.05.30 13:15 | その他

回想録「一度きりの大泉の話」が刊行されます。

一度きりの大泉の話2021年4月21日「一度きりの大泉の話」という萩尾先生ご自身についての1970年代の回想録が刊行されます。内容は大泉時代のこと、当時の作品のこと、現在の心境も語っておられます。352ページ、12万字書き下ろし。未発表スケッチ多数収録。リリースに尋常ではない量の引用文が出ていますので、御覧いただければ、内容がわかると思います。

萩尾望都『一度きりの大泉の話』4月発売決定──出会いと別れの "大泉時代"を、現在の心境もこめて綴った70年代回想録

この本のことについて、私が何か言うことはないだろうと思います。ただ、先生の言葉、そして城さんの言葉を受け取るだけです。刊行されましたら、同じように受け取っていただけることを祈るばかりです。

2021.03.17 0:00 | 単行本発売情報

「現代マンガ選集 少女たちの覚醒」に「ドアの中のわたしの息子」が収録

現代マンガ選集 少女たちの覚醒2020年12月14日、筑摩書房より恩田陸編「現代マンガ選集 少女たちの覚醒」が刊行されました。萩尾望都先生の「ドアの中のわたしの息子」がトップバッターで収録されています。恩田先生はリアルタイムの『別コミ』1972年4月号で出逢ったそうです。

「ドアの中のわたしの息子」は「精霊狩り」シリーズの第2作。"精霊"と呼ばれるミュータントもので。主人公ダーナはある日突然男の子をお腹に宿したと気付きます。生命はどこからやってくるのか。コメディタッチで明るい作品ですが深淵なテーマが描かれています。(→「ドアの中のわたしの息子」

「現代マンガ選集」の最終刊は少女マンガの特集。解説によると、このアンソロジーは恩田先生の個人的なクロニクルだそうです。最後の作品があの「海街diary」の第1回「蝉時雨のやむ頃」なところがすごくいいです。

「現代マンガ選集 少女たちの覚醒」
筑摩書房 2020.12.10(ちくま文庫)ISBN978-4-480-43678-8

「ドアの中のわたしの息子」萩尾望都
「ラブ❤ゲーム」一条ゆかり
「サーミュの家」坂田靖子
「つる姫じゃ~っ」より「いい旅しよう!の巻」土田よしこ
「エリカ赤いつむじ風」美内すずえ
「花岡ちゃんの夏休み」清原なつの
「聖ロザリンド」わたなべまさこ
「一万十秒物語」より「儀式」倉多江美
「フレッシュグリーンの季節」より「いちばん不思議な人」篠有紀子
「海街diary」より「蝉時雨のやむ頃」吉田秋生

2020.12.13 9:05 | 単行本発売情報

新春1月2日、NHK Eテレで「100分 de 萩尾望都」が放送されます

2021年1月2日21:30~23:10 NHK Eテレで、新春スペシャル「100分de萩尾望都」が放送されます。11月のNHK放送局定例記者会見にて発表されました。

これは萩尾望都先生の作品群を「100分 de 名著」のフォーマットで読み解く番組。今もクリエイターたちに大きな影響を与え続ける作品を、各界を代表するプレゼンターが多角的に分析し、魅力を徹底解剖します。この講師の皆さんが、ジャストフィットなメンバーです。

以下「年末年始特集 主なおすすめ番組」(PDF)より

SF・ファンタジー・ミステリー・ラブコメディ・心理サスペンスものなど、幅広い分野にわたる超人的な創作活動から「少女漫画の神様」とも評される漫画家・萩尾望都(1949~)。「ポーの一族」「トーマの心臓」など、今もクリエイターたちに大きな影響を与え続ける作品を、各界を代表するプレゼンターが多角的に分析。100分という時間を使って討論し、萩尾望都作品の魅力を徹底解剖する。

【司会】カズレーサー(タレント)、安部みちこアナウンサー
【講師】夢枕獏(作家)、ヤマザキマリ(漫画家)、中条省平(フランス文学者)、小谷真理(SF・ファンタジー評論家)
【取り上げる作品】「ポーの一族」「トーマの心臓」「バルバラ異界」「イグアナの娘」「半神」

「100分de名著」シリーズは2018年に「100分de石ノ森章太郎」を見ましたが、充実した内容でした。とても楽しみです。

2020.11.20 17:37 | テレビ出演情報

『月刊flowers』12月号に付録「ポーの一族」かけかえカバー&しおりセットがついてます。

flowers202012.jpg2020年10月28日発売の『月刊flowers』12月号に付録「ポーの一族」かけかえカバー&しおりセットがついてます。これ「ユニコーン」の中のバラ園なので、「ユニコーン」用かなと思いますが、11月10日に出る「秘密の花園I」でも「春の夢」でもいい気がします。

単行本になったときにこの絵がカラーでなかったのが残念だったので、今回のこの企画、何にせよ喜ばしいと思います。雑誌連載で読んでない方にはなかなかないチャンスです。

flowers202012furoku.jpg

2020.10.28 1:14 | 雑誌掲載情報