スタジオライフ「なのはな」の製作発表記者会見で萩尾先生が鼎談に登壇されました。

なのはな製作発表記者会見2019年2月~4月、劇団スタジオライフが萩尾望都先生の「なのはな」を舞台化します。2018年11月15日、その製作発表記者会見が開かれて、萩尾先生と脚本・演出の倉田淳さん、そして福島出身の作曲家・明石隼汰さんの「特別鼎談」が行われました。私も行ってきました。

萩尾先生は「なのはな」を描いた経緯を、倉田さんは、今「なのはな」を舞台化しようと決意したいきさつをお話になりました。明石隼汰さんは20年来の萩尾先生のご友人でパソコンの先生だそうです。「なのはな」に登場する石田音寿のモデルで、福島弁の監修もしました。物語で石田音寿が歌う「ALARAソング」の「アララ」とはALARA原則のアララ。「As Low As Reasonably Achivable」、つまり「合理的に達成可能な限り低く」を意味する略語で人体への被曝をできるだけ少なくするよう努力することを意味します。2011年5月当時東電の社長が住民に土下座をしたことを受けた歌詞になっています。

土下座なんかしなくていい
うちの冷蔵庫をかえしてほしい
うちのフタンをかえしてほしい
水をもとにもどしてほしい
うちの牛をもどしてほしい
畑のキャベツをもどしてほしい
村の小道をかえしてほしい。


この歌詞はもちろん萩尾先生の書かれたもので、「生活が失われるということはどういうことかと思って」とこの詞を書かれた理由をお話され、倉田さんも「切々と、心にしみる」とおっしゃっていました。

そして、詞だけだったものが今回のこの「なのはな」公演で明石さんが作曲して実際に歌われるとのこと。この会見場で明石さんがさわりだけ歌ってくれました。萩尾先生が「もし足りなければ歌詞を足しましょうか」とまでおっしゃっています。

また、音寿が村の祭りに帰ってきて歌を歌う、という設定も福島市の「わらじまつり」の曲「わらじ音頭」を2007年にリニューアルした「ダンシングそーだないと」を明石さんがつくって歌った、という経緯から思いついたそうです。明石さんは石田音寿役でこの舞台に客演されます。


記者発表

萩尾先生はこの「なのはな」を「自分のために「希望」が描きたかった」とおっしゃっていて、倉田さんも「忘れ去られてはいけない」と奮起してこの作品を舞台化しました。来年の2月スタートです。

Studio Life公演「なのはな」(原作:萩尾望都脚本・演出:倉田淳)
東京公演:2019年2月27日(水)~3月10日(日)東京芸術劇場シアターウエスト
大阪公演:2019年4月12日(金)~4月13日(土)ABCホール(※4月14日(日) OSKA SPECIAL EVENT有)

2018.11.15 23:31 | イベント

萩尾望都先生原作「なのはな」が劇団スタジオライフで舞台化されます。

なのはな2019年2月27日から劇団スタジオライフが萩尾望都先生原作の「なのはな」を上演します。「なのはな」は2011年8月に『月刊flowers』誌上で発表された作品。萩尾先生がこれだけストレートに現実世界の事柄を取り上げたのは希だったことや、東日本大震災から発表までが非常に早かったことでたいへん話題になりました。東日本大震災によって引き起こされた福島第一原子力発電所事故を題材に、津波で祖母を亡くした福島県の少女の姿が描かれていいます。

この舞台にゲスト出演される福島出身の作曲家・明石隼汰さんは作品に登場するキャラクター・石川音寿のモデルです。ごの方の「ALARAソング」が作中に織り込まれてます。

東京公演:2月27日(水)~3月10日(日)東京芸術劇場シアターウエスト 大阪公演:4月12日(金)~4月13日(土)ABCホール

Studio Life公演「なのはな」
萩尾望都「なのはな」を劇団スタジオライフが舞台化、震災後の福島を描いた短編(コミックナタリー)

2018.10.22 0:14 | イベント

『月刊YOU』休刊。「王妃マルゴ」の連載は『ココハナ』へ引き継がれます!

YOU 2018年11月号2018年10月15日、集英社『月刊YOU』11月号が発売されました。そしてこれが最終号になります。「王妃マルゴ」は『ココハナ』に連載が引き継がれます。11月28日発売の『ココハナ』1月号から連載が再開されます。
『月刊YOU』掲載作品の今後

「王妃マルゴ」は5話で単行本1冊分となります。11月号で3話目ですので
11月28日『ココハナ』1月号「王妃マルゴ」第33章(第7巻4話目)
12月28日『ココハナ』2月号「王妃マルゴ」第34章(第7巻5話目)
1月28日『フラワーズ』3月号以降、2019年の春に「ポーの一族」連載再開

というような流れになるかと思います。連載2誌が同じ発売日なのは先生も何かとスケジュールが立てやすいでしょう。

『月刊YOU』には感謝しています。萩尾先生の「コスチュームロマンを」という長年の希望を叶えてくれました。『フラワーズ』との連携をしながら先生のペースで連載を続けてくださり、私達に届けてくれました。「あぶな坂HOTEL」「王妃マルゴ」の連載、どうもありがとうございました。

「王妃マルゴ」

2018.10.15 0:06 | 雑誌掲載情報

「味いちもんめ 漫画家食紀行」3に萩尾望都先生

味いちもんめ2018年9月28日に発売された倉田よしみ著、あべ善太原案の「味いちもんめ 食べて・描く!漫画家食紀行 3」に萩尾望都先生の回が収録されています。
この連載は『ビッグコミックスペリオール』2018年7月27日号に掲載されたものです。
大御所漫画家の「食」にまつわる秘話を、倉田よしみさんの「味いちもんめ」に登場するキャラクターが取材しているという形式のインタビューです。漫画界の神々たちは何を食べ、いかにして漫画家となったのかが語られています。

萩尾先生が「メシスタント」という仕事をつくった最初の漫画家ではないかという話が出ていますが、そういう人がいないと、本当に何も食べない方だからなんですね。それはどうやら「仕事中」は今でも変わらないようです。

この巻には他に、高橋よしひろ、水野英子、細野不二彦、寺沢大介、植田まさし、真崎 守、高橋陽一、陸奥A子、かわぐちかいじ、倉田よしみ先生が収録されています。これで最終巻のようです。

倉田よしみ著、あべ善太原案「味いちもんめ 食べて・描く!漫画家食紀行 3」小学館 2018.10.3 ISBN978-4-09-860082-3

2018.09.28 23:41 | インタビュー・対談

『ビッグコミック』創刊50周年記念企画に萩尾先生がインタビューに登場

2018年9月10日発売の小学館『ビッグコミック』2018年9月25日号に萩尾望都先生のインタビューが掲載されています。同誌創刊50周年を記念したインタビューシリーズ「ビッグを語ろう」第18回です。「ゴルゴ13」の魅力と萩尾先生の目から見たビッグの50年を語っておられます。巻末カラー2ページです。
ビッグコミック公式サイト

『ビッグコミック』と言えば2013年の45周年の際には「福島ドライヴ」を寄せられました。このお召し物は高崎の対談で身につけていらしたものと同じものだと思います。萩尾先生が高橋留美子先生にアドバイスを求めるなんて、すごい豪華な組み合わせです。

また、この動画があがっています。3分ほどのものです。

動画:"少女マンガの神様"萩尾望都、「インスピレーションの源」語る 「ビッグコミック」50周年メッセージ

「ビッグを語ろう」ではなく「ビッグに聞く」の連載、まんたんwebにも掲載されていました。本誌のインタビュー内容と少しかぶりますが、全部ではありません。動画ともまた微妙にかぶったりもしますが同一ではありません。こちらが第16回なのは2回誰かネットを避けたのでしょうね。
ビッグに聞く:第16回 萩尾望都 "少女マンガの神様"のインスピレーションの源は?

また、『ビッグコミック』誌のキャラクター「なまずくん」の着ぐるみが萩尾望都先生にインタビューする動画もあがっていました。

猫は不思議なもので、2匹以上いると数を数えるのが面倒になってきます」だからいつか萩尾家の猫が11匹になることも!? 

2018.09.10 23:34 | インタビュー・対談